市川ロータリークラブ会長 和泉 太郎


 今年度市川ロータリークラブの会長の大役を拝命しました。
一年間市川ロータリークラブの名に恥じぬように努力していきます。皆様のご支援とご協力を
切にお願い申し上げます。

2019−2020年度のRI会長は、米国アラバマ州のマーク・ダニエル・マローニ氏です。RI
テーマは「ロータリーは世界をつなぐ」(ROTARYCONNECTS THE WORLD)
です。
ロータリークラブが魅力的であれば「つながり」ができると言うことです。市川ロータリー
クラブにおいても多種多様になりつつある社会でSNSなども活用して「つながり」を築いて
行きたいと考えます。

国際ロータリー第2790地区ガバナー諸岡靖彦氏は地区スローガンとして「ロータリーから
千葉を元気に」と宣言されました。地区83クラブのそれぞれの課題を地域の会員基盤や
奉仕のあり方、新しいアイディアについて語り合い、クラブを元気にして、ロータリーが千葉を
元気にすることを目指したいとの事です。市川ロータリークラブにおいては、地区から沢山の
情報を頂き、また多くのアイディアを地区に発信できるよう努力していきます。

2019−2020年度 第2790地区 第1グループは市川南ロータリークラブの麻谷和也氏が
ガバナー補佐に就任されました。麻谷ガバナー補佐のご協力も仰ぎながらの1年になります。
元号も「平成」から「令和」になり、令和元年7月から新年度を開始します。現在米中貿易
摩擦、少子高齢化などの問題があり社会は不透明な時代です。しかしながら東京オリン
ピック・パラリンピック2020を控えて、希望に満ちた社会を築き上げなければなりません。

市川ロータリークラブは、2018−2019年度加藤会長年度に大幅に会員拡大をすることが
できました。理事会においても沢山の拡大議論をすることができ、例会の参加人数も増え、
活気があるように思われます。ロータリークラブにとって会員拡大がすべてではありま
せんが、今年度も会員拡大を進めていきたいと思います。また継続事業となっています
「夏休み読書感想文教室」も開催したいと思っています。この事業の参加人数も年々増加
しており講師の大久保先生には感謝をしています。子供達には達成感からしか味わえない
喜びを感じて頂けるでしょう。市川ロータリークラブの様々な場面において、会員のロータ
リーライフが充実するように心がけて参ります。また、社会に貢献できるような活動をして
いきたいと思います。

今年度幹事は尾崎正司会員です。心強い幹事を迎えることができました。心から感謝を
しています。1年間、尾崎幹事と共に一生懸命会長職を全うさせて頂きます。

宜しくお願い致します。